大阪自然教室

子どもと関西の自然に!野へ、山へ、川へ、そして海へ!

【夏休み】小学生対象のキャンプイベント『祝島』自然体験、海へ繰り出そう!

| コメントはありません。

お盆明けの 8 月後半、まだまだうだるような暑さが続きそう。でも、ゲンナリするなんてもったいない。瀬戸内海に、飛び込みに行こうよ!

 

祝島いわいしま自然教室 募集要項 & 参加条件

日程はお盆明け、小学生高学年が対象のお泊まりキャンプ(公民館泊)です。

祝島いわいしま自然教室
日程 8月17日(朝) ~ 8月21日(夕)
募集対象 小四~ 小六
募集定員 18 名(先着順)
募集期間 6月24日~7月14日
参加費 ¥39,000-(含登録料2,000)
宿泊場所 山口県上関町祝島 祝島公民館

2014年、夏休み宿泊企画の資料 (募集要項) は PDF にてダウンロード できます。

※月例会の会員でなくても参加できます。

 

海のキャンプでどんなことをするの?

祝島は海が綺麗だ。水に入ると自分の足元まで見える。
見える魚の前に糸をたらして、、、も釣れなかったりする。魚たちと勝負だ。
飛び込みは、一度はまったらやめられない。1 人で、2 人で、みんなで飛び込もう。初めてだとドキドキだけど、みんなが見守ってくれるなら、やってみちゃう?
磯遊びではどんな生き物が見つかるかな。やどかり、イソギンチャク、はぜ、タコ?!石をひっくり返したり、水たまりをのぞいたり。美味しい貝も見つけよう。

祝島には少し変わったカベがある。「ねりへい(練塀)」と呼ばれる、分厚くて大きなそれは、大きな石が白いしっくいにぬり込められ、とてもカッコいい。島中にあるカベの間を通り抜けて、島を見渡せる高台に出よう。

そして祝島といえば、ご飯の話は外せない。毎日漁師さんに差し入れてもらう美味しい海の幸に、みんなで舌つづみを打つ。自分たちでさばいたタコは、透明なままおさしみに。吸盤が口の中にくっつく!運が良ければ、島で取れた「てんぐさ」で、かんてんを作って食べられるかも?想像するだけで、もうワクワク♪

 

とにかく海!

宿泊する公民館は海のすぐそば。つまり、いつでも海に行けちゃうのだ。

釣りがしたい?よーし、海!飛び込みたい?よーし、海!磯遊びがしたい?よーし、海!

 

魚をめいっぱい食べよう!

新鮮な魚を毎日食べよう!タコつぼ漁について行って、自分たちでもさばいちゃうぞ!

普段あまり目にしなくても、日本って実は海に囲まれてる。朝の風と光る海、昼の日差しと透きとおる海、夜の星と暗い海、毎日海があるという生活を、一緒に楽しんでみませんか。

キャンプへの参加申し込みはこちら

お気軽にお電話・メールくださいませ。

代表、西村への直通電話 090-1149-4326

又は下のフォーム

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

 内容をご確認の上チェックを入れて送信ボタンを押してください。

 

よりお問い合わせください。

avatar

著者: のりこ

運動ギライ・虫苦手・工具ワカラズにも関わらず、大学在学中に出会った自然教室の活動にのめりこむ。自然体験で受けたショック、幅広い人々との濃いーい関わり、企画実行の面白さ(&大変さ)にノックアウト。子どもの頃から参加できなかったことが何よりも悔しいが、その分リーダーとして楽しんだ自負あり。 現在は東の地より、密かに&お節介に自然教室の活動を見守る。おしゃべりと食べることが大好き。自然いっぱいの三浦半島に居住中、これも自然教室の影響に違いない。

コメントを残す

*は必須入力です。