続きを読む

「【第一期】いなば西郷自然教室:弓河内班」(鳥取市河原町西郷地区)小学2年生~小学5年生 26,000円+登録料2,000円

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年8月4日 – 2018年8月8日 <span class="ai1ec-allday-badge">全日</span> </div> </div> <p>問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 日程 8月4日(朝)~8月8日(夕) 募集対象 小二~小五 募集定員 18名(先着順) 募集期間 6月15日~7月12日 参加費用 26,000円+登録料2,000円   楽しい夏休み、暑いからといってクーラーのきいた部屋でボーッとしているのはもったいない! さぁ、鳥取・西郷に行って弓河内(ゆみごうち)班で思いっ切り遊ぼうよ!! 3年前から始まった新しいフィールド・鳥取市河原町西郷地区を流れる曳田(ひけた)川は、スリルある飛び込みができる深い淵や岩すべりの場所があちこちあるんだ。 晴れた日には冷たい川で大はしゃぎ。タイヤの浮き輪に乗って、急流すべりをするのは最高だね! それに、高い岩から勢いよく飛び込むのもスリル満点、とても気持ちがいい! 魚を見つけたら、頑張って手づかみで捕まえてみよう。もし捕まえたら君はヒーロー! 雨が降ってもお楽しみはあるよ。竹細工や小枝細工のクラフトにチャレンジしよう。家の人へのおみやげに作るのもよし、自分のために作ってもいい。いくつ作るかは君のアイディアしだい。 仲間とリーダーと遊んでたら、あっという間に時間はすぎていく。遊びつかれたら、おいしいご飯をもりもり食べよう。だれだい! 「野菜はキライだ!」なんていっている子は。近所のおばさんたちにいただいた、とれとれの野菜は都会のスーパーの野菜とはひと味もふた味もちがうんだよ。キュウリやトマトを丸かじりしよう! 夜はカエルの鳴き声を聞きながら、夜空に散らばる星をながめて一日の疲れをいやそう。流れ星を見られなくても、星空をながめているだけで幸せさ!それくらい鳥取・西郷の星はきれいなんだ。 自然がいっぱいのでは、最高の四泊五日が待っている。仲間とリーダーたちと一緒に、ステキな夏の思い出を作ろうよ! 保護者の方へ ■「いなば西郷自然教室」について 11年間続けた「智頭自然教室」に代わり、2年前に鳥取市河原町西郷地区にフィールドを移して弓河内集落において低学年対象(小二~小五)の企画を始め、昨年から最上流の杣小屋集落おける高学年対象(小五~中三)企画が加わり、それぞれを「いなば西郷自然教室:弓河内班」と「いなば西郷自然教室:杣小屋班」としました。 「いなば西郷:弓河内班」は二期間:二班編制です。農家民宿の許可を取った二軒の民家に分宿し、賄いはリーダーが集落公民館で担当します。 一方の期に片寄らずバランスよくできたらと思います。どちらの期でも参加できる方は申込用紙にその旨ご記入ください。どちらに参加していただくかの確定は7月1日までにご返事します。 低学年の企画では物足りないという小五は、本人の強い意思があれば「杣小屋班」もオッケーです。 ■お申込み方法 お手元に申し込み用紙をお持ちの方は、漏れなくご記入の上、事務所までご送付ください。初めて参加される方、申し込み用紙をお持ちではない方は、次の問い合わせ先まで参加希望をお知らせください。確認の上、申し込み用紙を送付します。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 受け付けが終わりましたら、集合・解散の場所と時間、持ち物や参加費用の振り込みについてのご案内をお送りします。複数の企画に参加することも可能です。なお、登録料(2,000円)は保険代などにあてる費用です。月例会会員の方はすでに支払っていただいていますので、登録料を省いた金額となります。また、月例会会員外の方で二企画に参加される場合は登録料は一度のみとなります。(冬休み企画・春休み企画にも有効です) ■アトピー性皮膚炎、アレルギーについて 申込用紙の「アレルギーがありますか」の欄に内容と対処について詳しくお書きください。特に除去する食材がある方は必ず連絡下さい。「いなば西郷:弓河内班」・「祝島」・「生水の郷」ではリーダーが食事を作るので、少しでも対応できるように検討します。 「いなば西郷:杣小屋班」と「四万十」の食事は細かい配慮はできそうにありません。</p>
2018年6月25日たつを
続きを読む

「四万十自然教室」(高知県 四万十川流域)小学6年生~中学3年生(中学生優先) 37,000~43,000円+登録料2,000円

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年8月17日 – 2018年8月22日 <span class="ai1ec-allday-badge">全日</span> </div> </div> <p>問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 日程 8月17日(朝)~8月22日(昼) 募集対象 小六~中三(中学生優先) 募集定員 12名 募集期間 6月15日~7月12日 参加費用 中学生 43,000円+登録料2,000円 小学生 37,000円+登録料2,000円 子ども会議 8月12日(日) 午後1時半~4時   ジメジメ暑い大阪の夏にめげそうになったら、四万十に行こう! 「日本最後の清流」と言われる高知県の四万十川は、そう言われる通り自然がいっぱいで本当にきれいな川だ。  別名「暴れ川」と呼ばれる四万十川が大雨によって増水すると、沈下橋は名前の通り濁流の中に沈下してしまう。その沈下橋からの飛び込みが『四万十』での最高のお楽しみ!工事中でしばらく飛び込みができなかったけど、2年前4年ぶりに復活した。今年も天気が良ければ君たちの出番だ!橋の上から4メートル下の川面を見ると、あまりにも高くて足がすくんでしまうかもしれない。何回かためらった後、やっとの思いで飛び込みに一度成功すると、二度目からは怖くなくなり、病みつきになること間違いなし!  一日は支流の黒尊川に行きたいね。黒尊川は魚が多く、本流よりもっと水が澄んでいるので、水に顔をつけるとすぐに魚を見つけられる。浮き輪での急流すべりも気持ちがいいんだ。他にも、川で漁をしている漁師さんから昔の話を聞いたり、仕掛けを作って川に棲息しているカワエビを捕るのにも挑戦だ!  晩ご飯の後は散歩をしようか。大阪の騒がしい夜とは全然違う。四万十の川音と虫の声、キラキラと輝く満天の星空。そして、漁師さんたちがしている「火振り漁」が見えたら最高だね!  最後の日には朝早く口屋内を出発して、土佐佐賀で海水から天日塩を精製している「あまみ屋」さんを見学させてもらってから、近くの海岸に行って遊び、夜行バスで大阪に戻ってきます。 保護者の方へ ■「四万十自然教室」について  「四万十」は中学生のステップアップの企画として位置づけ、春の「ぶらり旅」などにつなげていくための企画です。リーダーの数も少なくして、仲間と協力して自分たちの力でやってもらうため中学生優先とします。 例年、小六の参加は中学生の申込状況を見ながら受け付けていますが、今年は中学生の会員が三・四年前の倍近くになっていますので、今年はあまり余裕ありません。中学生は部活の日程が確定しないので申し込みがどうしても遅くなりますが、参加を検討している方は6月30日までに「行きたいと思っているが、日程の調整中」と連絡をください。なお、「四万十」に参加できなかった小六の方は「祝島」に参加できるようにします。 四万十までの交通機関は往復ともに高知までは高速バスを利用し、帰りは夜行バスとなります。集合はJR大阪駅に午前7時、解散は事務所で後片づけをしてから午前10時頃の予定です。 ■お申込み方法 お手元に申し込み用紙をお持ちの方は、漏れなくご記入の上、事務所までご送付ください。初めて参加される方、申し込み用紙をお持ちではない方は、次の問い合わせ先まで参加希望をお知らせください。確認の上、申し込み用紙を送付します。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 受け付けが終わりましたら、集合・解散の場所と時間、持ち物や参加費用の振り込みについてのご案内をお送りします。複数の企画に参加することも可能です。なお、登録料(2,000円)は保険代などにあてる費用です。月例会会員の方はすでに支払っていただいていますので、登録料を省いた金額となります。また、月例会会員外の方で二企画に参加される場合は登録料は一度のみとなります。(冬休み企画・春休み企画にも有効です) ■子ども会議について 8月12日(日)を第一候補として、担当するリーダーと参加者で再度検討してお知らせします(予備日も設けます)。なにをやるかは子ども会議からスタートしますので、その日か、別に設定する予備日に必ず参加してください。 ■アトピー性皮膚炎、アレルギーについて 参加をご希望される方でアレルギーの恐れがある場合は、申込用紙の「アレルギーがありますか」の欄に内容と対処について詳しくお書きください。特に除去する食材がある方は必ず連絡下さい。「いなば西郷:弓河内班」・「祝島」・「生水の郷」ではリーダーが食事を作るので、少しでも対応できるように検討します。「いなば西郷:杣小屋班」と「四万十」の食事は細かい配慮はできそうにありません。参加をご希望される場合は、内容とともにご相談ください。</p>
2018年6月24日のりこ
続きを読む

「祝島自然教室 」(山口県上関町祝島)小学4年生~小学6年生 36,000円+登録料2,000円 ※受付終了

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年8月17日 – 2018年8月21日 <span class="ai1ec-allday-badge">全日</span> </div> </div> <p>定員に達したため、受付は終了しました。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 日程 8月17日(朝)~8月21日(夕) 募集対象 小四~小六 募集定員 18名(学年、経験により優先順位あり、後述) 募集期間 6月20日~7月12日 参加費用 36,000円+登録料2,000円   祝島(いわいしま)といえば、太陽とキラキラ光る海、もちろん、泳ぐしかないね。水中ゴーグルを持って、さあ、海に出かけよう! 潮が満ちている時には、東の波止場の高い防波堤から飛び込もう! ちょっと高さがあって海底の石まではっきりと見えるので、最初は勇気がいるけど、仲間に励まされて一度飛び込めば、もう病みつきになること間違いなし。引き潮の時は磯に行こう! 磯には貝、カニ、ウニ、タコなど、海の生き物がたくさんいるよ。 祝島の集落は北に固まってるけど、足をのばして反対側の三浦湾にも行ってみよう。ここの海岸は珍しい粒ぞろいの小石の浜。三浦湾に面した棚田は、人間の背よりも高く積まれた石組の棚田が何段も重なり、本当に天まで昇るっているようだ。 海で遊ぶことに疲れたら、「未来に残したい漁村の文化遺産」の百選に選ばれた集落の中を探検しに行こう! 台風の強い風をさけるため、瓦は白い漆喰で固められ、「練塀」と呼ばれる分厚い石垣に囲まれた独特の家々。迷路のような路地を上っていった、小高い小学校の校庭から見下ろす、集落と海とが一体となった風景は、きっと君の心に強く焼き付くはずだ! たっぷり遊んでお腹が空いたら、ご飯の準備をしよう。毎日、食卓には漁師さんから差し入れてもらう新鮮な魚が並ぶ。どうやって食べたらおいしいかな。島のおばさんたちに聞いて、魚のさばき方も教えてもらおう。おばさんたちはスイスイと魚を三枚におろしていく。君にもできるかな? 保護者の方へ ■「祝島自然教室」について 毎年申し込みが多く募集開始10日ほどで定員に達していますので、申し込みには優先順位を設けます。小六は最優先、小五では初めての方、小四ではこれまでに夏企画の「いなば西郷」・「生水」に参加したことのある方を、6月30日までは優先します。 小五の2回目の方と小四で「いなば西郷」・「生水」には参加したことがない方は6月30日以降に確定していきます。 「祝島」は3年前から新幹線を利用しています。集合はJR新大阪駅に午前7時45分、解散は同じ新大阪駅に午後6時30分頃の予定です。 ■お申込み方法 お手元に申し込み用紙をお持ちの方は、漏れなくご記入の上、事務所までご送付ください。初めて参加される方、申し込み用紙をお持ちではない方は、次の問い合わせ先まで参加希望をお知らせください。確認の上、申し込み用紙を送付します。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 受け付けが終わりましたら、集合・解散の場所と時間、持ち物や参加費用の振り込みについてのご案内をお送りします。複数の企画に参加することも可能です。なお、登録料(2,000円)は保険代などにあてる費用です。月例会会員の方はすでに支払っていただいていますので、登録料を省いた金額となります。また、月例会会員外の方で二企画に参加される場合は登録料は一度のみとなります。(冬休み企画・春休み企画にも有効です) ■子ども会議について 祝島自然教室では、子ども会議は行いません。 ■アトピー性皮膚炎、アレルギーについて 申込用紙の「アレルギーがありますか」の欄に内容と対処について詳しくお書きください。特に除去する食材がある方は必ず連絡下さい。「いなば西郷:弓河内班」・「祝島」・「生水の郷」ではリーダーが食事を作るので、少しでも対応できるように検討します。</p>
2018年6月24日のりこ
続きを読む

「【第二期】いなば西郷自然教室:杣小屋班」(鳥取市河原町西郷地区)小学6年生~中学3年生 26,000円+登録料2,000円

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年8月8日 – 2018年8月12日 <span class="ai1ec-allday-badge">全日</span> </div> </div> <p>問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 日程 8月8日(朝)~8月12日(夕) 募集対象 小六~中三 募集定員 10名(先着順) 募集期間 6月20日~7月12日 参加費用 26,000円+登録料2,000円  子共会議 7月29日(日) 予定 7月16日(月・祝) 午後1時半~4時   かつて24泊の『熱田』という伝説の企画があった。 小屋の軒先に支柱を立ててトタンを葺いて食堂とカマド場を設け、五右衛門風呂には屋根がなかった。電灯と冷蔵庫はあるものの、便利な電気製品やガスコンロなどなかった。燃料はすべてマキ、前年に切り出して乾かしたものを、毎日割らなければならない。食事を作ってくれる人もおらず、お釜でのご飯炊きに失敗してベチャ飯になっても、おかずが少なくてまずくても、誰にも文句を言うことができない。 ただそれを食べるしかない。モタモタしていると、朝・昼・晩の食事を作るだけで終わってしまう。生活していくための仕事を、仲間と協力してテキパキと片づけ、川に泳ぎに行ったり、山に登ったり、「お祭り」をしたりと、遊ぶことはたくさんあった。 そう、『熱田』での生活はすべてを自分たちの責任で一から創っていかねばならなかった。でも、なぜか楽しくて、最後の日が来ても大阪に戻りたくなくなっていた。それどころか、また次の年もきてしまう『ふるさと』となっていた。 弓河内集落から曳田川8キロ上流に民家5軒の杣(そま)小屋集落がある。1軒の空き家をお借りして、自分たちで生活を創ってもらう。調理と風呂はマキ。スパーンと一発で割れたら気持ちがいいぞ~。それに、渓流の曳田川は奇岩群や淵が連続している。集落の真下には魚止滝、さらに上流には滝が大小いくつもあり、シャワークライミングのメッカだ。遊び場には事欠かない。 でも、仲間と協力してしっかり仕事をしないと遊べないよー。 保護者の方へ ■「いなば西郷自然教室:杣小屋班」につきまして 11年間続けた「智頭自然教室」に代わり、2年前に鳥取市河原町西郷地区にフィールドを移して弓河内集落において低学年対象(小二~小五)の企画を始め、昨年から最上流の杣小屋集落おける高学年対象(小五~中三)企画が加わり、それぞれを「いなば西郷自然教室:弓河内班」と「いなば西郷自然教室:杣小屋班」としました。  「いなば西郷:杣小屋班」はかつての『熱田』の復活を図ります。『熱田』での生活は過酷でした。それに三度の食事だけでなく、マキ割りなどたくさんの仕事がありました。仲間やリーダーと協力して生活を創っていく、そこが醍醐味であり、子どもたちもよく働き、よく遊び、楽しんでいました。 小学高学年はゴマメとして仲間に加わり、経験を積んだ中学生が先頭に立ち、リーダーの自覚を持った高校生が兄貴・姉貴分として世話を焼き、若い大学生や社会人が全体の切り盛りをする。『熱田』は大阪自然教室が目指す異年齢集団による育ちの原点でした。 一昨年秋から始めていた家の中の整理も終わり、軒先に食堂を兼ねたスペースを設けるなど、夏のための外回りの整備はとりあえず終わりました。昔の『熱田』と比べて、ちょっと快適すぎるのではとの声もありますが・・。 8泊にチャレンジしたい!方は併せてお知らせください。8泊の費用はプラス14,000円です。 二班一緒に同じ貸切バスです。集合はJR新大阪駅に午前8時15分、解散は同じ新大阪駅に午後6時です。 ■お申込み方法 お手元に申し込み用紙をお持ちの方は、漏れなくご記入の上、事務所までご送付ください。初めて参加される方、申し込み用紙をお持ちではない方は、次の問い合わせ先まで参加希望をお知らせください。確認の上、申し込み用紙を送付します。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 受け付けが終わりましたら、集合・解散の場所と時間、持ち物や参加費用の振り込みについてのご案内をお送りします。複数の企画に参加することも可能です。なお、登録料(2,000円)は保険代などにあてる費用です。月例会会員の方はすでに支払っていただいていますので、登録料を省いた金額となります。また、月例会会員外の方で二企画に参加される場合は登録料は一度のみとなります。(冬休み企画・春休み企画にも有効です) ■子ども会議について 「いなば西郷:杣小屋班」は打合せ会(子ども会議)を自然教室事務所で行います。なにをやるかは子ども会議からスタートしますので、その日か、別に設定する予備日に必ず参加してください。 ■アトピー性皮膚炎、アレルギーについて 申込用紙の「アレルギーがありますか」の欄に内容と対処について詳しくお書きください。特に除去する食材がある方は必ず連絡下さい。「いなば西郷:弓河内班」・「祝島」・「生水の郷」ではリーダーが食事を作るので、少しでも対応できるように検討します。 「いなば西郷:杣小屋班」と「四万十」の食事は細かい配慮はできそうにありません。</p>
2018年6月24日のりこ
続きを読む

「【第一期】いなば西郷自然教室:杣小屋班」(鳥取市河原町西郷地区)小学6年生~中学3年生 26,000円+登録料2,000円

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年8月4日 – 2018年8月8日 <span class="ai1ec-allday-badge">全日</span> </div> </div> <p>問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 日程 8月4日(朝)~8月8日(夕) 募集対象 小六~中三 募集定員 10名(先着順) 募集期間 6月20日~7月12日 参加費用 26,000円+登録料2,000円 子ども会議 7月29日(日)予定 7月16日(月・祝) 午後1時半~4時   かつて24泊の『熱田』という伝説の企画があった。 小屋の軒先に支柱を立ててトタンを葺いて食堂とカマド場を設け、五右衛門風呂には屋根がなかった。電灯と冷蔵庫はあるものの、便利な電気製品やガスコンロなどなかった。燃料はすべてマキ、前年に切り出して乾かしたものを、毎日割らなければならない。食事を作ってくれる人もおらず、お釜でのご飯炊きに失敗してベチャ飯になっても、おかずが少なくてまずくても、誰にも文句を言うことができない。 ただそれを食べるしかない。モタモタしていると、朝・昼・晩の食事を作るだけで終わってしまう。生活していくための仕事を、仲間と協力してテキパキと片づけ、川に泳ぎに行ったり、山に登ったり、「お祭り」をしたりと、遊ぶことはたくさんあった。 そう、『熱田』での生活はすべてを自分たちの責任で一から創っていかねばならなかった。でも、なぜか楽しくて、最後の日が来ても大阪に戻りたくなくなっていた。それどころか、また次の年もきてしまう『ふるさと』となっていた。 弓河内集落から曳田川8キロ上流に民家5軒の杣(そま)小屋集落がある。1軒の空き家をお借りして、自分たちで生活を創ってもらう。調理と風呂はマキ。スパーンと一発で割れたら気持ちがいいぞ~。それに、渓流の曳田川は奇岩群や淵が連続している。集落の真下には魚止滝、さらに上流には滝が大小いくつもあり、シャワークライミングのメッカだ。遊び場には事欠かない。 でも、仲間と協力してしっかり仕事をしないと遊べないよー。 保護者の方へ ■「いなば西郷自然教室:杣小屋班」につきまして 11年間続けた「智頭自然教室」に代わり、2年前に鳥取市河原町西郷地区にフィールドを移して弓河内集落において低学年対象(小二~小五)の企画を始め、昨年から最上流の杣小屋集落おける高学年対象(小五~中三)企画が加わり、それぞれを「いなば西郷自然教室:弓河内班」と「いなば西郷自然教室:杣小屋班」としました。  「いなば西郷:杣小屋班」はかつての『熱田』の復活を図ります。『熱田』での生活は過酷でした。それに三度の食事だけでなく、マキ割りなどたくさんの仕事がありました。仲間やリーダーと協力して生活を創っていく、そこが醍醐味であり、子どもたちもよく働き、よく遊び、楽しんでいました。 小学高学年はゴマメとして仲間に加わり、経験を積んだ中学生が先頭に立ち、リーダーの自覚を持った高校生が兄貴・姉貴分として世話を焼き、若い大学生や社会人が全体の切り盛りをする。『熱田』は大阪自然教室が目指す異年齢集団による育ちの原点でした。 一昨年秋から始めていた家の中の整理も終わり、軒先に食堂を兼ねたスペースを設けるなど、夏のための外回りの整備はとりあえず終わりました。昔の『熱田』と比べて、ちょっと快適すぎるのではとの声もありますが・・。 8泊にチャレンジしたい!方は併せてお知らせください。8泊の費用はプラス14,000円です。 二班一緒に同じ貸切バスです。集合はJR新大阪駅に午前8時15分、解散は同じ新大阪駅に午後6時です。 ■お申込み方法 お手元に申し込み用紙をお持ちの方は、漏れなくご記入の上、事務所までご送付ください。初めて参加される方、申し込み用紙をお持ちではない方は、次の問い合わせ先まで参加希望をお知らせください。確認の上、申し込み用紙を送付します。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 受け付けが終わりましたら、集合・解散の場所と時間、持ち物や参加費用の振り込みについてのご案内をお送りします。複数の企画に参加することも可能です。なお、登録料(2,000円)は保険代などにあてる費用です。月例会会員の方はすでに支払っていただいていますので、登録料を省いた金額となります。また、月例会会員外の方で二企画に参加される場合は登録料は一度のみとなります。(冬休み企画・春休み企画にも有効です) ■子ども会議について 「いなば西郷:杣小屋班」は打合せ会(子ども会議)を自然教室事務所で行います。なにをやるかは子ども会議からスタートしますので、その日か、別に設定する予備日に必ず参加してください。 ■アトピー性皮膚炎、アレルギーについて 申込用紙の「アレルギーがありますか」の欄に内容と対処について詳しくお書きください。特に除去する食材がある方は必ず連絡下さい。「いなば西郷:弓河内班」・「祝島」・「生水の郷」ではリーダーが食事を作るので、少しでも対応できるように検討します。 「いなば西郷:杣小屋班」と「四万十」の食事は細かい配慮はできそうにありません。</p>
2018年6月24日のりこ
続きを読む

「生水の郷自然教室」(滋賀県高島市 針江地区 生水の郷)小学2年生~小学6年生 20,000円+登録料2,000円 ※受付終了

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年7月28日 – 2018年7月31日 <span class="ai1ec-allday-badge">全日</span> </div> </div> <p>定員に達したため、受付は終了しました。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 日程 7月28日(朝)~7月31日(夕) 募集対象 小二~小六 募集定員 15名(先着順) 募集期間 6月20日~7月12日 参加費用 20,000円+登録料2,000円   琵琶湖の西にある生水の郷(しょうずのさと)・針江では水があちこちで湧き出ているので家々には「川端(かばた)」がある。 湧き出した水が最初にたまる壷池の水は飲み水や顔を洗うのに使う。ここで冷やしたトマトやキュウリは格別においしい! 壷池からあふれ出た水がたまる端池では、 お米を洗ったり食後の洗いものをする。ご飯つぶや野菜くずは端池で飼われているコイが食べてくれる。 さらに端池は外の水路と接しており、水路を通って針江大川となり、琵琶湖へと流れ込む。 針江大川にはきれいな水でしか育たない梅花藻の白くて可愛い花がゆれ、琵琶湖からのぼってきた小アユの群れが泳いでいる。みんなで力を合わせて追い込むと、反対側のアミにはもうアユが入ってる!タイミング良くアミをあげないと、逃げられてしまうぞ。 そうそう針江大川の藻の中に手を入れて、大物の魚の手づかみにも挑戦しよう。指先をかすめた魚の感触におどろかないでサッとつかめるかな? そう、とった魚を全部さばいて食べるのが針江でのお約束。 おもしろいほど魚がとれるからといって、とりっぱなしはナシだ。 魚をさばくのは、最初はちょっと勇気がいるかな? 針江では、昔から年4回針江大川や河口の舟着き場の藻刈りをし 、冬は琵琶湖湖畔のヨシ刈りをして環境を守っている。毎年行っている自然教室の分担場所はお寺の池。今年も池に侵入した外来種・ オオカナダモの藻刈りをお手伝いします。 自分たちでとった魚と野菜、生水の水で炊いたご飯を食べたら、もう幸せいっぱい! 毎日楽しいことがたくさん待っているよ。 保護者の方へ メディアで度々紹介されている「生水の郷:滋賀県高島市新旭町針江集落」において、12年目の今年も地元の「生水の郷委員会」の方々に協力していただいて企画の充実を図ります。お寺の藻刈りのお手伝いや琵琶湖に仕掛けた網やモンドリを引き上げたり、5年前から「生水の郷農楽校」と共同で耕作を続けている畑た田んぼも本格的に活用していきます。 集合はJR新大阪駅に午前8時15分、解散は午後5時30分頃の予定です。往復はJR湖西線:新快速です。 京都集合もあります。 京都集合はJR京都駅2階“時の灯”広場 午前8時45分 ■お申込み方法 お手元に申し込み用紙をお持ちの方は、漏れなくご記入の上、事務所までご送付ください。初めて参加される方、申し込み用紙をお持ちではない方は、次の問い合わせ先まで参加希望をお知らせください。確認の上、申し込み用紙を送付します。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 受け付けが終わりましたら、集合・解散の場所と時間、持ち物や参加費用の振り込みについてのご案内をお送りします。複数の企画に参加することも可能です。なお、登録料(2,000円)は保険代などにあてる費用です。月例会会員の方はすでに支払っていただいていますので、登録料を省いた金額となります。また、月例会会員外の方で二企画に参加される場合は登録料は一度のみとなります。(冬休み企画・春休み企画にも有効です) ■子ども会議について 生水の郷では子ども会議は行いません。 ■アトピー性皮膚炎、アレルギーについて 申込用紙の「アレルギーがありますか」の欄に内容と対処について詳しくお書きください。特に除去する食材がある方は必ず連絡下さい。「いなば西郷:弓河内班」・「祝島」・「生水の郷」ではリーダーが食事を作るので、少しでも対応できるように検討します。</p>
2018年6月24日のりこ
続きを読む

「【第二期】いなば西郷自然教室:弓河内班」(鳥取市河原町西郷地区)小学2年生~小学5年生 26,000円+登録料2,000円

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年8月8日 – 2018年8月12日 <span class="ai1ec-allday-badge">全日</span> </div> </div> <p>問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 日程 8月8日(朝)~8月12日(夕) 募集対象 小二~小五 募集定員 18名(先着順) 募集期間 6月15日~7月12日 参加費用 26,000円+登録料2,000円   楽しい夏休み、暑いからといってクーラーのきいた部屋でボーッとしているのはもったいない! さぁ、鳥取・西郷に行って弓河内(ゆみこうち)班で思いっ切り遊ぼうよ!! 3年前から始まった新しいフィールド・鳥取市河原町西郷地区を流れる曳田川は、スリルある飛び込みができる深い淵や岩すべりの場所があちこちあるんだ。 晴れた日には冷たい川で大はしゃぎ。タイヤの浮き輪に乗って、急流すべりをするのは最高だね! それに、高い岩から勢いよく飛び込むのもスリル満点、とても気持ちがいい! 魚を見つけたら、頑張って手づかみで捕まえてみよう。もし捕まえたら君はヒーロー! 雨が降ってもお楽しみはあるよ。竹細工や小枝細工のクラフトにチャレンジしよう。家の人へのおみやげに作るのもよし、自分のために作ってもいい。いくつ作るかは君のアイディアしだい。 仲間とリーダーと遊んでたら、あっという間に時間はすぎていく。遊びつかれたら、おいしいご飯をもりもり食べよう。だれだい! 「野菜はキライだ!」なんていっている子は。近所のおばさんたちにいただいた、とれとれの野菜は都会のスーパーの野菜とはひと味もふた味もちがうんだよ。キュウリやトマトを丸かじりしよう! 夜はカエルの鳴き声を聞きながら、夜空に散らばる星をながめて一日の疲れをいやそう。流れ星を見られなくても、星空をながめているだけで幸せさ!それくらい鳥取・西郷の星はきれいなんだ。 自然がいっぱいのでは、最高の四泊五日が待っている。仲間とリーダーたちと一緒に、ステキな夏の思い出を作ろうよ! 保護者の方へ ■「いなば西郷自然教室」について 11年間続けた「智頭自然教室」に代わり、2年前に鳥取市河原町西郷地区にフィールドを移して弓河内集落において低学年対象(小二~小五)の企画を始め、昨年から最上流の杣小屋集落おける高学年対象(小五~中三)企画が加わり、それぞれを「いなば西郷自然教室:弓河内班」と「いなば西郷自然教室:杣小屋班」としました。 「いなば西郷:弓河内班」は二期間:二班編制です。農家民宿の許可を取った二軒の民家に分宿し、賄いはリーダーが集落公民館で担当します。 一方の期に片寄らずバランスよくできたらと思います。どちらの期でも参加できる方は申込用紙にその旨ご記入ください。どちらに参加していただくかの確定は7月1日までにご返事します。 低学年の企画では物足りないという小五は、本人の強い意思があれば「杣小屋班」もオッケーです。 ■お申込み方法 お手元に申し込み用紙をお持ちの方は、漏れなくご記入の上、事務所までご送付ください。初めて参加される方、申し込み用紙をお持ちではない方は、次の問い合わせ先まで参加希望をお知らせください。確認の上、申し込み用紙を送付します。 問い合わせ先 西村(📱携帯: 090-1149-4326、✉メール: お問い合わせへ) 受け付けが終わりましたら、集合・解散の場所と時間、持ち物や参加費用の振り込みについてのご案内をお送りします。複数の企画に参加することも可能です。なお、登録料(2,000円)は保険代などにあてる費用です。月例会会員の方はすでに支払っていただいていますので、登録料を省いた金額となります。また、月例会会員外の方で二企画に参加される場合は登録料は一度のみとなります。(冬休み企画・春休み企画にも有効です) ■アトピー性皮膚炎、アレルギーについて 申込用紙の「アレルギーがありますか」の欄に内容と対処について詳しくお書きください。特に除去する食材がある方は必ず連絡下さい。「いなば西郷:弓河内班」・「祝島」・「生水の郷」ではリーダーが食事を作るので、少しでも対応できるように検討します。 「いなば西郷:杣小屋班」と「四万十」の食事は細かい配慮はできそうにありません。</p>
2018年6月24日のりこ
続きを読む

6月例会:飯盛山

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年6月10日 @ 09:30 – 16:30 </div> <div class="ai1ec-location"> <strong>どこで:</strong> JR 四条畷駅, 日本, 〒574-0001 大阪府大東市学園町1−50 </div> </div> <p> 持ち物: 弁当、お茶、タオル、会員証、雨具(カサ&カッパ両方)、帽子、着替え、かえくつ(川に入るとくつもずぶぬれになります) ・雨天決行(どしゃぶりの場合はお昼までで終わるかもしれません)、例会に参加するかどうかは各自ご判断ください。リュックの中の荷物は大きなビニール袋に全部いれるなど、雨対策は万全に! ・お昼でお茶が無くならないようにお茶はたっぷりと!</p>
2018年6月1日まさみ
続きを読む

4月例会:武庫川てくてくハイク

<div class="timely ai1ec-excerpt"> <div class="ai1ec-time"> <strong>いつ:</strong> 2018年4月22日 @ 09:30 – 09:30 </div> </div> <p>集合:JR宝塚駅改札口 持ち物:弁当、お茶、タオル、会員証、雨具、帽子 五年生は着替え上下、替えくつ   交通費(学年ごと、現地までの交通費とは別途) 二年生: 580円 三年生:450円 四年生:400円 五年生:580円 六年生:540円 中学生: 1,080円</p>
2018年4月12日まさみ